大栄建設株式会社

労働安全衛生方針

安全の原点は、人命尊重である。当社は、「安全第一」を企業活動の基本として、全ての事業場における労働災害事故並びに公衆災害を防止し、健康で安心して働ける職場の実現を基本方針とする。
施工活動において、労働安全衛生上の危険源となる有害要因を把握し、その発生を低減させるために労働安全衛生マネジメントシステムを確立し、活動に関係する社内と協力会社全ての人々の協力を得て、労働安全衛生の向上とマネジメントシステムの継続的な改善を行う。

●行動指針●

❶予防活動を徹底する。
(1)亡災害・重大災害及び公衆災害の根絶
(2)墜落・転落・重機及び交通災害の根絶
(3)労働安全衛生環境の向上
❷活動に関する労働安全衛生法規制及び当社が同意する利害関係者からの要求事項を遵守する。
❸労働安全衛生の向上を明確に実行するため、当社の従業員及び当社の業務に携わる協力会社の人員にこ の方針を周知し労働安全衛生義務の自覚を促す。
Copyright©Daiei Kensetsu All rights reserved.